キングダム2-羌瘣役の清野菜名はアクション女優?運動神経抜群な理由!

映画

ファンの間でキングダム2の羌瘣役は誰になるのか?と大予想大会が開かれていましたが、2022年2月1日についに発表されましたね。

羌瘣役は「清野菜名」が演じることになりました。

キングダムをご存じの方はわかるかと思いますが、羌瘣ってめっちゃすごい剣術「巫舞(みぶ)」で迫りくる敵をバッサバッサと華麗に倒してゆきますよね。

「トーン、タンタン」というという静かに口ずさむ呼吸法と「神堕としの舞」による華麗な巫舞。

もうなんか「トーン、タンタン」っていうフレーズを聞いただけで、ざわざわざわって来てしまう著者ですが、それはもう期待しか無いわけで。

あ、やばい、なんか興奮で何書いてるかわからなくなってきた・・・

・・・で何がいいたいかっていうと、実写でそんなすごい舞いをそしてその舞の中に殺陣も入っていたりする巫舞を演じるのってアクションを経験したことのある女優さんじゃなきゃ出来ないんじゃないかと思うわけですよ。

じゃあ、キングタム2で羌瘣役を演じる「清野菜名」はアクション女優なのか・・・

もうが気になって気になって、夜しか寝れなくなりそうだったので、記事にしました。

そして、そんなアクションができちゃう清野菜名は実はアスリート出身だったりしないの?

というキングダムファンは必見の内容でお届けします!

キングダム2、羌瘣役の清野菜名はアクション女優?

キングダム2に羌瘣役で出演する清野菜名ですが、「トーン、タンタン」と人間離れしたアクションで敵を鮮やかに蹴散らしてゆく姿、見たくてたまりません。

いや、それもそうだけど、そんな巫舞をきれいにこなしちゃうアクションができる清野菜名って一体何者なのかってことですよね。

あの華麗な舞が出来るってことは、そもそもアクション俳優というかアクション女優として訓練を重ね基礎が出来ていないと、例え3ヶ月間の特訓をしたところで付け焼き刃にしかならないのでは?って思うわけです。

じゃあ清野菜名はアクション女優だったのかって?

はっきり言っておきましょう!

清野菜名はアクション女優と言っても良いほど、アクションがお上手です!

てか、凄く上手です!

普通にバク転する女優さん・・ってなかなかいませんよね。

これ、↓清野菜名のオフィシャルインスタです。

この投稿をInstagramで見る

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿

コメントがもう「草草の草」です。

女優さんのコメントとは思えないし・・そもそもこの投稿の動画が女優さんのものとは思えませんww

いやすごいっす。

これ見ていただくと、アクションの基礎がすでにあるということがおわかりいただけると思うのですが、実際それってどこで身につけたのか?

それが、日本芸術高等学園です。

清野菜名はアクション部に所属し、日夜アクションに必要な体力、技術に磨きをかけていたわけです。

だからこそ、あんなバク転なんてラクラクこなしてしまう身体能力が出来上がっているわけです。

ちなみに、日本芸術高等学園には殺陣部なんていうマニアックな部も!

この投稿をInstagramで見る

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿

これはもう立派なアクション女優ということで良いと思います!

 

清野菜名のアクションがもの凄い理由!

清野菜名は高校時代から既にアクションの基礎と技術を学ぶことで、映画やドラマで其の評価を上げてきました。

アクションでブレイクした女優さんといっても良いと言えます。

直近でいえば、「今日から俺は」で華麗なアクションを披露しています。

では、清野菜名のアクションがもの凄い理由をもう少し掘り下げて見てゆきましょう!

母親譲りの身体能力

清野菜名の母親は全日本クラスのバレーボール選手だったようで、そもそもの遺伝子が運動神経の良さや骨格にあらわれているようです。

結果、中学時代はバスケ部で活躍していた清野菜名ですが、陸上全国大会にも出場しています。

バスケ部に所属しつつ陸上の全国大会出場だなんて、とんでもない運動神経、運動能力のポテンシャルの高さを持っていたことが分かりますよね。

ここにまず、先天的に方向性としてアクション女優としての素養があったということです!

 

養成所でアクションのレベルアップ

清野菜名はアクション監督・坂口拓が主宰するアクション養成所に通い、訓練を重ねています。

そして「バタフライツイスト」というアクションには欠かせない究極技も習得しています。

そしてこのキレッキレな動き・・・普通の男性でもなかなか出来ないですよね。

この投稿をInstagramで見る

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿

普通の男性がやると、タコ踊りになること請け合いですww

清野菜名のアクションは、こうして地道に鍛え上げられた身体能力と、アクションのスキルによるものだということがよく分かります!

このCMのちょっとしたアクションも、こうした訓練によるものだってことですね!

 

 

キングダム2、羌瘣役を演じる清野菜名は3ヶ月も修行した!?

そもそもこれだけアクションができる女優である清野菜名ですが、キングダム2の羌瘣を演じる為に3ヶ月もの特訓を要したということなので、キングダム2でのアクションがどれほどのものか、自然と期待が高まりますよね!

3ヶ月ですよ!3ヶ月!

羌瘣の巫舞は通常のアクションとの動きがかなり異なるので、筋肉の使い方なども全然違うみたいで、習得に時間がかかったようですが、見事にその違いを克服して華麗な巫舞を見せてくれるのでしょう!

否が応でも期待が高まります!

 

清野菜名のアクションがキレキレな映画

さすがアクション女優の清野菜名、アクションがキレキレな映画が沢山あります。

清野菜名がアクション女優として注目された作品がこれ。

2014年公開の映画、「TOKYO TRIBE」

清野菜名は「スンミ」という抗争に巻き込まれた少女を演じているのですが、それはもう悪そうなお兄さん達に襲われまくるのですが、その度に超絶ハイキックなどで悪漢共を蹴散らすさまはもう圧巻。(イ、イカン、韻ふんでもた)

劇中のアクションシーンは全て清野菜名さんが演じるという徹底ぶりで、凄まじいアクションスキルを見せつけている映画となっています。

清野菜名のアクションを堪能したい方はぜひこの映画も!

 

「少女は異世界で戦った」

パラレルワールドで繰り広げられる近未来の日本という設定です。

鉄砲が存在しないという世界で、剣で戦ってます。

清野菜名もミニスカというちょっと過激な衣装でバク転だったりというアクションをこなしていて、ちょっと別の意味で心配といいますか・・・過激といいますか・・・なんというか、あれですww

 

東京無国籍少女

圧巻のラスト15分。

クライマックスのアクションを見終わった後は、きっと手を握りしめていることでしょう。

こんなアクションをこなせる女優さんが居たことに驚くはずです。

近接格闘、ナイフ、銃裁き。

かっこよすぎて、真似して骨折なんて事にならないようにご注意ください。

映画スパイダーマンを見た後に、手首を下に曲げ腕をスッと前方に伸ばして手首から糸をだすような真似をしてしまうそこの「あなた!」、注意ですよ!

 

今日から俺は

コミカルなシーンが満載で面白い映画なのですが、時折現れるシリアスな場面でアクションが発動します。

 

まとめ

清野菜名、根っからのアクション女優さんでしたね。

演技だけでなく、アクションというスキルを日々積み上げているのには本当に頭が下がります。

それ故、その清野菜名が3ヶ月もの間特訓して作り上げたキングダム2の羌瘣は、絶対に見ておきたいですよね。

地味に「トーン、タンタン」という声も清野菜名の声で再生すると、しっくり来る。

映画キングダム、めっちゃ愉しみです。

 

タイトルとURLをコピーしました